ところで建築家って???-7

建築家とは一生のパートナーのようなもの

 

建築は建ったときが終わりではなく、むしろ始まりです。

設計から建築が終了するまでも時間がかかりますが

これから何十年と関わっていくことになるのです。

長い年月を経て、劣化するところも出てくるのでメンテナンスが必要になります。

住まい手や使い手のライフスタイルや性格環境の変化に応じて

何度か改造を余儀なくされてきます。

そんなときに相談役になるのが、その建築を基礎から知り抜いている建築家です。

壁を抜きたくても構造的に抜けないものもありますし、

新しい基準に対応するために改造することだって必要です。

そんなときに一生のパートナーとなる建築家がいてくれると安心ですね。