暮らしのイメージを実現できる場所を探す(土地探し)

家づくりといいますと、土地やマンションを探すところからスタートすることが一般的です。

 

すでに不動産を所有されている場合でも、

自分達にとってより良い暮らしがイメージできる環境を手に入れるために

建築場所探しからはじめられる方もいらっしゃいます。

 

特に私の場合は、「ペット共生住宅」の設計に特化していることもあり、

今住んでいる土地やマンションでは夢が実現できないので、

建築場所探しから設計監理までを依頼されるケースが増えてきました。

 

一般的な土地探しと大きく違うのが、

土地を探す前に、どんな生活をしたいのか? 生活へのこだわりは?といったことを話し合い

プランの核となる構想をまとめることからスタートすることです。

 

つまり、「暮らしのイメージを実現できる設計プランありきの土地探し」ということです。

 

ます最初に、お施主様から話を伺い、

家づくりの骨格となる設計概念を形にしてコンセプトモデルと作成します。

 

そして、お施主様へのプレゼンを行い、同意が取れた段階で土地探しをスタートとさせました。

 

もちろん、土地探しですから交通や生活施設の利便性や周辺環境も綿密に調査した上で、

提携先の大手不動産会社と連携しながら土地購入を建築家としてサポートし、

土地購入後は設計監理業務を通じて夢の新居を完成させるお手伝いをさせていただきました。

また、所有されていた不動産も不動産会社と連携しながら販売サポートも同時に進めました。

そして、実現した家がこちらです。

ぼぼ、コンセプトモデルがそのまま形になったような姿です。

 

このように、土地・建物探しから設計監理までをトータルにサポートできるのが

建築家と一緒の家づくりなのです。

 

 

暮らしのイメージを実現する場所を探す(中古物件探し)

家をつくる手段は新築だけではありません。

中古のマンションやビルを購入して、リフォームやリノベーションを行うことで

自分達のライフスタイルにあった暮らしが実現します。

 

現行法規に適合しているかどうか?

既存建築物の確認申請書や検査済証はあるかどうか?

なければ、その範囲内で合法的な改造はどこまでできるかどうか?

劣化具合はどうか?

構造・設備の状態はどうか?

・・・

 

中古物件を購入する際には、不動産屋さんからの提供される一般的な情報も大切ですが、

建築主さまの代理人である建築家はこのようは視点から、さらに必要な情報を不動産屋さんに求め、

暮らしのイメージの実現の可能性を探ります。

 

その情報の違いはスタンスの違いからくるものなのです。

不動産を売るのが仕事である不動産屋さんと、

お施主様の依頼により家の設計監理を行い、実際にそこで暮らせる状態までをサポートする建築家との大きな違いです。

だからこそ、土地探しや中古物件探しには建築家のサポートを活用すべきなのです。

 

ペットケアサロン併用住宅を希望されたお施主様からの依頼で、中古物件を確認した事例です。

長い間中華料理屋さんをされていた鉄骨造ALC2階建の中古物件です。

中華料理屋さんなので、油が付着した内装を見て、お施主様は不安そうでした。

しかし、建築家の視点は表面的なことはどうにでもなるので、建築物の性能的な部分を検討していました。

古い物件なので、図面や必要書類もありませんでしたので、構造体や階段を変更したりすることはできません。

でも構造体や外壁は問題がなさそうだったので、内装と設備を取り替える範囲での提案であれば可能である旨をお施主様に伝えました。

実測・既存図面作成からスタートし、それをベースに設計を行い模型にてプレゼンテーションを行いました。

このプレゼン模型をベースに打ち合わせを行い、

若干の修正を加える内容でほぼ希望が実現することを確認し、

納得した上でこの中古物件の購入を決断されました。

実施設計、見積、工事業者さんの選定、工事監理というプロセスを経て

工事写真ですが、暗くて薄汚れた空間が、見違えるように明るく爽やかな空間に変わってきました。

お施主様もこの「リノベーション・マジック」には大変驚かれていましたが、

建築家にはボロボロに見えた既存空間を眺めながら、既にこのようなビジョンを描いているのです。

 

中古物件探しは立地や建築性能は重要ですが、表面的な見た目はあまり気にしなくても良いのです。

その重要な諸条件を勘案しながら、総合的な視点でビジョンを描ける建築家だからこそ

「リノベーション」という手段を使って夢をカタチにしてくれるのです。